人間関係のトラブルがつきものだったわたしだけど、体質学というツールでまろやかな人生に♪

私は過去に、人間関係でトラブルを起こしてきました。
親戚や友人やお店の方とか、色々(笑)

今思えば、これは「私という強い個性」が、「相手の強い個性」に体当たりしていたのだと思います。

トラブルが起きるのって、自分の価値観が通じないとき、自分が思っていた答えが返ってこないときに起こっていたように感じます。

だから私は、自分の船に相手を引きずり込んで、荒波を渡っていたようなもの。
私という名の船で、船の上で挑戦状を突きつけ、戦っていたのです。

お、恐ろしい。

書いていてつくづく反省です。


それから私は「体質学」というツールにのめり込み、いろんな場面を体験しなが学んでいいきました。


そこで知ったのは、

自分が普通ではないこと
他の人の普通にびっくりしたこと
自分の個性にびっくりしたこと
他の人の個性に関心したこと

書ききれないのですが、とにかく色んな個性の人間がいるのだと驚きました。

昔私は、なぜ神様は男女という2種類の人間しかつくらなかったのだろうと思っていました。

男の子だから
女の子だから

または、

お姉ちゃんだから、お兄ちゃんだから
妹だから、弟だから、

という言葉に違和感があって、それも納得がいかないまま、でもそう思いながら思春期を過ごしていました。

そしてこの体質学を学んで、「あ、神様は男女以外に、こんなにも面白い個性を分けて、この世に人間を生み出していったのか」ととても納得しました。

白い紙があったとして、真ん中に縦の線、真ん中に横の線をザッと書きます。
そうすると4つのカテゴリーを分けるスペースができますね。

そうなんです、ざっくりとした4つの体質があります。
そこからまた、横の体質と混ざっている人、上の体質が混ざっている人
という場合もあります。

そして

生活環境の影響や、兄弟姉妹一人っ子、なども関わってはきますが、
基本の体質というものが強くあります。

「私は妹だから気がきかないし、家族の中で甘えて生きてきた」

と思っていた私の性格は、なんと妹だからというのはどうやら関係なく、私の体質だっったんですね。

「ああそうか、妹という立場のせいにしていたけど、そもそも気がきかない性格なんだ(笑 甘えていたのは、勝気な性格ではない、できないことに恥ずかしさがないからなんだ(汗」と思うようになりました。

話がそれてしまいましたが、

今の私は、いろんな体質の人間を学んだことによって、すっぽりとその人を見ることができるようになりました。もちろん自分のことも。

私とは違うタイプの人に対しては、こんな風に思っているだろう、そんな考えがあるんだな、面白いなあとか、へーとか。関心が湧きます。

だから親戚や友人、普段関わる人達と話す時も、まろやかになった自分がいるから腹を立てることもなければ、言わないでもこうしてよっていうわけのわからない期待もない。だから、そのまんまで接することができます。

私もそのまんま出しますし、相手がどういう状態でもそのまんまを受け入れます。お互いをすっぽりとすると、自然と笑顔になることが多い。

体質学を学ぶ前は、全て「私目線」から物事を見ていました。
私だったら、私はこう思う、私からしてみれば・・・。

自分が優先で物事を見ていたのだから、それは上手く行くわけがない。

相手をしっかりと受け入れることができるようになったからこそ、日々の平和がやってきたのだと思います。

でも!

これは自分のパーソナリティーがしっかり確率されて
体も心も健康でないとできません。

体調が悪かったり、心が揺れ動いているときに、カッカと怒っている人や、なんだか攻撃的雰囲気の人が目の前に現れたらスッコーン!と持って行かれることがあるんですね。

完全無敵なんてない。
いや、そもそも敵や味方もない。
いつだって不完全なのが人間。

だから私は日々、体の健康、心の健康に気をつけて、バランスよく保てるように、体も心も整理整頓しながら生活しています。



************************************

頭ではわかっているけど、どうしようもない時や
感情のコントロールが上手くできないい時には
植物の力をかりてみるのも良いものです。
何と言っても精神系に強いメディカルアロマ。
上手に使いこなせるようになると、手元にあるだけでホッとするくらいです♡

私もこの植物に力によって、とても支えられてきました。精神的に病んでいるようなとき、病院に行かなくてよかった。そう思えるような優しい、頼りがいのあるメディカルアロマ、体質学と共に一緒にお勉強しませんか?

体質学&メディカルアロマの個別カウンセリング

 

体質学やメディカルアロマに興味がある方は、30分無料コンサルティングをどうぞ。各講座へのご質問、体調などのご相談でも、なんでもOKです。
タイトルに「30分無料コンサルティング」とお書きください。
日時などのご希望もお書きください。

https://kaoriarvo.com/contact-2/