子供の情緒は食べ物が大きく関わる。今の時代の栄養を学び食を改善したら娘たちが変わた色んなこと。

ブログを読んでいただきありがとうございます♪
今日は、少しだけ私の紹介と娘たちの食育について書きたいと思います。

結婚前に、私はビューティーセラピストの資格を取り(豪州認定セラピスト)
働いていたのですが、結婚を機にお仕事をやめて家庭に入りました。

ありがたい事に、長女がすぐ産まれて3年後に次女を出産しました。
出産してからは、はっきり言って楽しんで育児ができたかと思うと
そんなことはなく、体も疲れやすいし、今考えるとメンタルもかなりヤラレテいました(笑

あの時、精神科に行っていたら、お薬処方されていたかもって思うくらい
苦しかったな〜。毎日何かと戦っていました。とほほ。

育児なんて全てが初めてだったし(今もね)でもなんかよくわからない「自分」というものを強く持っていて、それに従わせたり、妙な自信を持ちながら教育していたかもしれません(汗

今思い返すとやり直したいことばっかり!!

でも今は、いつからでも軌道修正ができるんだと知って、ママとして妻として、一人の人間として色々学び、家族の体と心の健康に気を使いながら生活しています。

普通のアロマを卒業してメディカルアロマを学び、それと同時に今の時代の栄養学も学びました。

今日は、その「我が家の子供の栄養」について少しご紹介したいと思います^^

我が家の娘は12歳と9歳の女の子です。

今から約4年前に、私が栄養学を日本で学び食事の改善を始めたのですが、
それまでは、なんの知識もなく、なんとなくバランス取れているだろうと思いながら食事を作っていました。

でも忙しいとか、面倒だとか、子供が小さいからしょうがないと自分に言い聞かせ、冷凍食品に頼ったり、スーパーのお惣菜に頼ったり、ファーストフード店にもよくお世話になっていました。

おやつも栄養補給できる大事な補完食なのに、市販のスナック類、菓子パン、ジュース、グミ、あめやガムなど、ぐずったらあげるみたいな感覚であげてしまっていました。

楽しいおやつタイムという雰囲気ではなくて、私のどこかに「おやつはあまりよくないもの」「ょうがないからあげるもの」という感覚だったのかもしれません。

でも、そのぐずったらあげてしまう見たからに体に悪そうなものを与えると、その時はご機嫌になるかもしれませんが、そのあとに血糖値が乱高下して倍返しのようなグズグズを引き起こしてしまうことを知りました。

そしてそのまたやってきたグズグズの時に必ず言う子供のセリフ「もっとちょうだい」
これは子供が悪いわけではなく、糖のせいなんです。糖をとっていったんご機嫌になりますが、
その糖が切れた時に体がまた糖を欲してしまうからなんです。

糖は糖で補いたくなる。これは体のメカニズムなのでお子さんを攻めるところではないんですね。

グズグズだけではなく・・・

寝つきが悪い、
落ち着きがない、
やたらと繊細、
どうしてほしいか本人も分からなくなっている、
感情のコントロールができなくなる、
何かに怖がる、

といった症状がありました。

私がその場しのぎ(自分が居心地よくなるように)に与えていた物が、継続的に続けているとかなりの心や身体への悪影響があることも知りました。

本当は穏やかな気質な子なはずなのに・・・
よく泣いているとか、

本当は明るい子のはずなのに・・・
いっつも怒っているとか、
思い通りにならないとやたら不機嫌だったり、
よくお友達とトラブルを巻き起こしてしまうという事も。

体調に関しては風邪をよくひいていましたし、中耳炎で救急に駆け込んだり
下の子については喘息と診断されました。
これは本当にママのフォルトだったと思います。今は喘息のぜの字もないです。

これって母としての私も辛かったし、メンタルについては長女もすごく覚えていて、あの時の自分は嫌だったと言っています。

彼女は幼稚園から小2までの自分を鮮明に覚えていています。「いっつもパパと喧嘩していたけど(笑 今はあまりしなくなった。いつもグズグズしていたのも嫌だった。変なお菓子や炭水化物ばっかりだったからね」と本人も言っています。

(ちなみに私の手料理は炭水化物が中心でした。うどんとお寿司とか、白いご飯にあうおかず、お昼はパンで済ませたり、パスタの時はサラダだけとか)

次女もよく泣いていました(汗 泣き始めると止まらなくてね。でも泣き止みなさいって何度も言われたりして、本当に可愛そうだった(今は笑ってしまう過去の出来事)

 

〈そんなこんなの娘たちの不都合が、食を改めてから変わりました〉

食の改全は何をしたかと単純にザックリ書いてしまうと、
炭水化物、タンパク質、脂質、のバランスを変えたんです。

おやつの内容も変えました。おやつでは「美味しいだけではなくプラス栄養も一緒に」という
スタンスに変えました。

なるべく手作りが良いですが、それも大変ですので市販の物も選ぶ力をつけて、
タンパク質や脂質もしっかり補給でなるべく添加物の少ない物を。

食を改善してからは、二人ともらしい性格のまま生きていますし、
グズグズでどうしようもないということは殆どなくなって、穏やかしなりました。
人間らしい喜怒哀楽がある感じで、何と言っても集中力も養われたように思います。

姉妹喧嘩もしますが、お互いがわかっているので、どうしようもない争いはなくなり
途中から笑い声に変わることが多いです。

もちろん、食事もおやつもバッチリで、子育ても完璧で毎日元気ハツラツ、全て上手くいってます!
なんてことはなくで、完璧ではないですがこんなもんかなでやっていると言った感じでしょうか。

軸がしっかりとあれば、大概の事がおおごとにならずに、スーーと解決していくのかな
と思っています。

あと、日本では低身長も問題になっていますが、身長に関しても食が関わってくると言われています。
今の研究では遺伝が40%、栄養が60%だと言われています。
こちらに関しては以前ブログを書きました。こちらからどうぞ。

『そんな我が家の子育て事情ですが、今までの学びや経験が皆さんの参考になればと思っています』

お子さんへの食への迷いや、
甘いものがやめられない
体調を崩しやすい、
流行りものの風邪をすぐひいてしまうとか、
インフルエンザの時期はビクビクしている
病院通いが日常になってしまっている

我が子なのにどう扱っていいかわからない時がある
落ち着きがなくて困っている
眠りが浅い
起伏が激しい
感情のコントロールが上手くできていない

などなどのお悩みは、病院の先生や学校の先生や児童相談所に相談する前に家庭でできることを
やってみるのも価値があるのではないかと思っています。

もちろん病気の時はお医者様にかかる事も大事ですが、日常の中でできる事があるとすれば
まずは毎日の食を見直すと様々の不調に効果は表れるのかなとも思っています。

 

 

【私たちの体感、経験を参考にしていただけたらと思い、今回は少人数ですが食の講座の募集をすることにしました。11月スタートです】



詳しい日時は一緒に決めていきましょう。
対面(ARVOお家サロン、又はカフェ)とオンライン講座があります。
ZOOMで簡単につばがる事ができます。

細胞の変化は3の倍数と言われています。食を変えていくことによって3ヶ月で体の変化が始まり、6ヶ月で体感できると言われています(個人差はありますが)

まずはママから実行するのもあり(私はまず自分と思ってやって行ったら、自然と家族も巻き込んでいたのですが)お子さんのおやつから見直すのもあり、6ヶ月というあっという間の期間ですがお手伝いをさせていただきたいと思っています。

食の軸を作ってしまえば、あとは食事で思いっきり楽しめるようになります。
食べたらダメだと思っていたものが実は体に必要な栄養素だったり、体に良いと思っていたものが、実は逆だったりします。

そんな知識がしっかりあれば、罪悪感も無くなりますし、迷いもなくなります。
食は毎日、そして一生の事です、ほそ〜く、なが〜く続けて、楽しい食卓をかこみたいものです^^

************************************************************************

☆今回は講座の特典が2つ!!☆


月1回の講座にて(初月は2回の時もあります)
簡単で美味しく高タンパク高脂質を
基準にしたお料理のレシピを差し上げます♪

こちらは料理家さんから提供して頂いた
レシピになってます!
講座が終わる頃には6レシピが貰えます。


今話題のバスクチーズケーキの作り方&レシピ
を差し上げます!

こちらは私が夏に日本へ一時帰国した時に習って来た超絶品スイーツ!スペイン在住なのに、なぜか日本で習うことに(^^♪でも最高に美味しい♡

おやつでも栄養摂取はとっても大事。

ちょっとしたコツがあるのですが
失敗なしでで必ず美味しく出来上がります!
しかも材料もシンプル。思い立ったらすぐ作れるのは嬉しいですね。

日本でバスクチーズケーキは5000円近くで
販売されていてびっくりしましたが汗

***************

少人数の密着型で、枠が少ないです。
お問い合わせやお申し込みはお早めに!(^^)!

いきなり申し込みはちょっと不安と言う方は
「30分無料カウンセリング」で私とじっくりお話ししてから決めて頂いてOKです。
タイトルに「30分無料カウンセリング希望」とお書き下さい。

https://kaoriarvo.com/booking/

「フィトセラピー食の講座 6回コース 11月スタート」詳細はこちらから
https://kaoriarvo.com/diet/

 

お申し込みは
https://kaoriarvo.com/booking/

バスクチーズケーキ。思い立った時にすぐ作れるのが嬉しい。そして何と言っても美味しい♪こちらのレシぴ差し上げます^^
食は美味しく楽しく続けたいですね。

*我が家のおやつなどなどインスタに載せたりしています*

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Baked cheese cake made with healthy and fresh ingredients🍓🧀 このチーズケーキは食べて良いのか?悪いのか? それは「フィトセラピーの食」を学ぶとよーく分かります! 身体には何が必要で、何を控えたら良いのか? 詳しいフィトセラピーの食の講座は、プロフィールのHPよりごらん下さい。 材料には、グラスフェッドバターやアーモンドプードル、生クリーム、レモン、フリーレンジエッグを使っています。 実は我慢していた物こそ、必要だったり 無理して頑張って食べていた物が、あまり必要なかったり?! スッキリ、ハッキリさせて毎日の食を楽しみましょう!(^^)! 久しぶりのチーズケーキ美味しかったな♪ さて、これは何故食べて良いのでしょうか!!😋 #spain #madrid #phytotherapy #medicalaroma #medicalherb #糖質制限 #糖質オフ #ローカーボ #rawcarbo #スペイン #マドリード #食 #暮らし #生活 #海外生活 #海外暮らし #海外育児 #アロマ #メディカルアロマ #ハーブ #メディカルハーブ #チーズケーキ #グラスフェッドバター #クリームチーズ #タンパク質 #アーモンドプードル #おうちおやつ #手作りおやつ #手作り焼き菓子 #おうちカフェ

Kaoriarvoさん(@kaoriarvo)がシェアした投稿 –